2月3日の会合報告 サザンゲートの猫の管理について

遅くなりましたが、
2月3日にサザンゲートの猫の一斉避妊去勢とその後の公園の管理について、
市民に呼びかけての集まりがありましたので、ご報告いたします。

殺処分される犬猫や、市の公園の管理は、行政が主体的に取り組む問題と思いますが、
「ゴミを捨てない」「猫を捨てない」などは、市民の意識にも問題があるのではないでしょうか。
公園と猫のより良い管理について、市民の意識について、行政の取り組みについて、
しっかりと模索することが大事に思います。


1.参加された方の意見
 大きく分けて、「エサ、トイレ、ゴミ」の問題が提示されました。

<餌やりについて>
 ・ 肥満の猫が増えていて、健康状態が心配。
 ・ 猫が食べきれないほどの置き餌がされていて、衛生的にも良くない。
 ・ 猫用のフード以外に、人が食べる弁当やそばなど、猫の健康に良くない餌が与えられている。
 ・ 人用のトイレの中に弁当やパンなどが撒かれている。

<トイレについて>
 ・ 人用トイレの周辺は、猫の排泄物が多く臭く蝿も多い。
 ・ 餌場とトイレを近くに作るなど、地域猫講演会の内容を実践するべき。
 ・ 餌場やトイレの近くに多量の砂を置いてもらえば、排泄物の処理が楽になり、
   市民が協力しやすくなる。
 ・ 暑い時期には衛生状態がさらに悪化する心配がある。

<ゴミについて>
 ・ 猫の餌の袋や缶が置き去りでゴミになっている。
 ・ 餌や水の器など、管理されたものかゴミかわからない。
 ・ もともとポイ捨てや不法投棄が多く、ゴミ対策は必要。

<その他>
 ・ 猫管理のルールの看板やポスターを掲示する。
 ・ 猫エイズなどの病気が人には感染しないことを知ってもらう。
 ・ 「犬や猫の飼い方」を学校教育で行なう。
 ・ 猫もゴミも、捨てられない対策が必要。


2.そのほか公園管理と猫の管理の提案
 ・ 猫の「餌場・水場・トイレ・小屋」を、外周道路沿いを避け、裏道に設置する。
 ・ 猫管理の「ルール説明および餌場の地図」の看板設置・ポスター掲示
 ・ 「猫を捨てないで」「ゴミを捨てないで」などメッセージ性があり、
   子供にもわかりやすい、公園管理の看板・ポスター。
 ・ ゴミ拾いイベントを開催し、ゴミを捨てにくい環境を作る。
 ・ 猫やゴミが捨てられないための、防犯カメラ設置などの対策。




会合の様子を「石垣経済新聞」さんが取材してくださいました。
http://ishigaki.keizai.biz/headline/1213/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石垣島しっぽの会

Author:石垣島しっぽの会


石垣島しっぽの会は、

「飼い犬・飼い猫の適正飼育を促進し、捨て犬猫を減らし、

市民の相互理解による動物愛護精神の普及を図り、人と動物の共生社会を実現すること」

を目的とする活動を2012年から始めました。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
    どうぶつ基金バナー200x40 (2)

いつでも里親募集中

    ペットのおうち

ペットの火葬施設設置の署名のお願い
検索フォーム
QRコード
QR