「地域猫って、なぁに?」  +講演会のお知らせ+

(仮題)「地域猫って、なあに?」 ~飼い主のいない猫のトラブル解決法~

「南の島の猫アイランド事業」で、動物愛護に取り組み始めた石垣市が、
事業の一環として「地域猫活動」の講演会を企画しています。
せっかくの機会ですから、みなさまお誘いあわせのうえ、ふるってご参加ください。

 日  時 : 11月18日(日) ひる12時~午後2時
 会  場 : 石垣市役所 2階 第1会議室
 講  師 : 黒澤 泰(くろさわ やすし、横浜市職員・獣医師)
 参加費 : 無料(ご予約は不要です。)


地域猫活動とは?
飼い主のいない猫によるトラブルを、地域ぐるみでコントロールしようという取り組みです。

 ・ 敷地内で糞尿をされる
 ・ 繁殖時期の鳴き声がうるさい
 ・ ゴミをあらされて困る
 ・ むやみな餌やりで猫が増えている
 ・ 同じ命なのに捨てられてかわいそう
 ・ 家の前に猫が捨てられた
 ・ 自費で避妊去勢をしているのに近所の理解が得られない
 ・ 近所で猫を集めて殖やしている家がある

猫が好きな方も嫌いな方も、
公民館や自治会や地域住民のみなさんも、
それぞれの立場で見方や考え方は違うかもしれませんが、
今こそ、みなさんの意見や知恵を集約し、
猫トラブルへのより良い対策を考える機会にしませんか!

人にも動物にもやさしい島をつくる一歩になりますように!


講師略歴
黒澤 泰(くろさわ やすし) 

1979年、麻布獣医科大学獣医学部獣医学科卒業。
横浜市役所に食品衛生監視員として入所し、食品衛生業務に従事するとともに狂犬病予防員、動物愛護指導員として地域で発生する動物問題を解決するために最前線で対応する。
1990年、衛生局公衆衛生課動物保護管理係を経て、1995年、磯子保健所への異動を期に、人と猫が共存できる街づくり事業を打ち出し「地域猫」の考え方を全国で初めて行政として発案実施する。
2001年より西区福祉保健センター(旧西保健所)でも、「猫トラブル『0』をめざすまちづくり事業」として、地域猫事業を展開する。
2007年より神奈川区福祉保健センターにて、「地域猫で人の輪づくりまちづくり事業」として住民に馴染みやすい地域猫事業を実施する。
2011年より現在の港南区福祉保健センターで、町づくり事業の一つとして地域猫活動を普及している。

著書:「地域猫のすすめ」ノラ猫と上手につきあう方法(文芸社)2005年11月



開催にあたり、
沖縄本島の「琉球わんにゃんゆいまーる」の4団体にご協力いただいています。

 ・ NPO法人ワン'sパートナーの会さま
 ・ わんにゃんの会 ミュウさま
 ・ ワンニャンセカンドチャンスさま
 ・ わんにゃんサポート沖縄さま


ご理解ご協力いただき、感謝いたします。



   by 米原ビーン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石垣島しっぽの会

Author:石垣島しっぽの会


石垣島しっぽの会は、

「飼い犬・飼い猫の適正飼育を促進し、捨て犬猫を減らし、

市民の相互理解による動物愛護精神の普及を図り、人と動物の共生社会を実現すること」

を目的とする活動を2012年から始めました。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
    どうぶつ基金バナー200x40 (2)

いつでも里親募集中

    ペットのおうち

ペットの火葬施設設置の署名のお願い
検索フォーム
QRコード
QR