ご支援のご報告


石垣島しっぽの会へ温かいご支援が届きましたのでご報告させていただきます。


まず、
Kさまより寄付金が届きました。



そして、
石垣市にお住いのMさまより

DSC03950 - 石垣Mさん2804

キャットフードと寄付金をいただきました。



すべて、ボランティアさんたちが保護している犬猫たちの飼育医療費、地域猫のTNR活動等、大切に使わせていただきます。

たくさんのご支援、どうもありがとうございました。



今後とも石垣島しっぽの会への応援を、どうぞよろしくお願いします。


地域猫のTNR活動


市内某所にて、地域猫のTNR活動(捕獲し、避妊去勢手術を施し、元の場所へ戻す)を
地域の餌やりさんやボランティアさんの協力を得ながら始めています。

DSC03656 - TNR

ここには十数匹の猫さんたちが生息しています。

DSC03675 - TNR

毎日地域の餌やりさんが訪れ、ご飯をあげたり後片付け、健康管理をしてくださっています。

DSC03826 - TNR

すでにお腹が大きなメス猫さんも…


そして1匹ずつ捕獲して手術を進めております。

DSC03962 - TNR

すでに手術が済んだ男の子、右のみみ先カットしてもらいました。
元気にご飯を食べてますよ

DSC03862 - TNR

こちらもみみ先カットして手術が済んだ三毛猫さん、すでに妊娠中でした。
それでも術後、元気に走り回って、木登りまでしていましたよ

妊娠中の猫の手術はかわいそうに思いますが、生まれてしまった子猫たちは、厳しい環境下で過酷な生活を強いられ、生き残れる子はわずかです。


すでに出産した母猫さんもいて、最近生まれたばかりの赤ちゃん猫が、カラスに連れていかれて行くところを見かけた、という情報もありました。

そんな悲惨な子猫をこれ以上増やさないよう、
今生きている猫さんたちが、一代限りの猫生をまっとうできるよう
活動を進めていきたいです。




石垣島しっぽの会では、TNR活動をはじめ、犬猫の殺処分ゼロを目標とするための活動資金のご支援をお願いしています。

こちらもご覧ください    ご支援のお願い

私たちの活動をご理解いただき、支援していただける方を広く募集しております。

ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


by ayapani

ご支援、ありがとうございます



沖縄本島にお住いのUさまより
支援金のご寄付がありました。

保護犬猫たちの医療費等のため大切に使わせていただきます。

どうもありがとうございました。





そして、八重山郡竹富町にお住いのSさまより、

IMG_1548 - 竹富町Sさん

たくさんのキャットフードと猫砂がを、
「活動を応援しております。」 というメッセージとともにいただきました。

石垣島の地域猫たちや、保護中の猫たちのために
たいせつにいただきます。

どうもありがとうございました。


成犬からでも大丈夫

耳よりな話!

犬を飼うのに「子犬じゃないとなつかない」
「成犬になったらしつけられない」
と思っていませんか?
それは迷信です
犬はいくつになっても、なつくし、新しいことを覚えます。
知能・精神は成犬になってからも、飼い主からの愛情にこたえて変わっていきます。
そもそも石垣島には、最初から人なつっこい犬がすごく多いんです。
会った瞬間から、しっぽビュンビュンふって、喜んでくれる犬が多いです。
もちろん大人の犬でも。

例えば、ペットの大きさ制限のある住宅環境や、
あまり活動的な犬の相手はしきれないとか、
仕事が忙しいとか、条件のある方にお勧めなのが成犬です。
成犬なら大きさがもう決まってます。雑種子犬の場合、どれほど大きくなるかはわかりません。耳は立つのか、毛は長くなるのか、また、性格もどうなるかわかりません。
でも、成犬なら、だいたい性格もわかっています。
犬はサイズや年齢に関係なく散歩や運動が必要な動物です。
自分がどれぐらい散歩に時間やエネルギーを割けるかで、
犬のサイズ・年齢・種類を考慮すべきです。
犬もシニアと言われる7才以上になると、のんびりしてきます。
自分のライフスタイルや活動量に合わせた年齢の犬を選ぶと、
無理なく犬といっしょに暮らしていけます。
そして、犬がいくつだとしても、
犬は人間を愛し人間から愛されたい生き物です。
愛情にきちんと答えれくれるばかりか、何十倍にも愛し返してくれます。
DSCN9174.jpg

捨て犬や保健所の収容犬は、犬に問題があるから捨てられたと思っていませんか?
そんなことはありません。
人間の都合で捨てられるのです。
「あきた」「世話がめんどう」「引っ越す」「大きくなった」
そんな人間側の都合で捨てられる犬がほとんどです。
捨てられて保護された犬も、愛されるチャンスさえあれば、
たくさんの愛を返してくれます。
犬をこれから飼うことを考えている方に、ぜひお薦めしたい。

「成犬もいいもんだよ」
「保護犬をもらうのもいいもんだよ」

さくら猫と生きる ~小さな命の写真展~




さくら猫と生きる  ~小さな命の写真展~

開催のお知らせ


さくらねこ フライヤー

展示写真  児童文学作家 今西乃子著 「さくら猫と生きる」より



地域猫プロジェクトという言葉をご存じですか?

飼い主のいない猫(野良猫)たちを地域で見守り、これ以上、増えないように手術をして、
一代限りの命を住民たちで世話をしようという試みのことです。


「野良猫に庭をあらされた!」 「家のベランダで猫が子どもを産んだんだけど…」
増えつづけ、地域の中でやっかいものあつかいされた猫たちの多くは、
生きていく術を断たれてしまう運命です。


年間十万頭とも言われる猫の殺処分。

不幸な命をなくすために、小さな命を守るために何ができるのか?

飼い主のいない猫と人間たちがどうすれば共存し、幸せな社会を築くことができるのかー?


地域猫プロジェクトに立ち上がった人たちの活動をご紹介します。


ぜひ会場に足をお運びください。



 

4月のわんにゃん譲渡会のご報告



4月3日の日曜日、
石垣市役所玄関前ロビーにて、今年度最初の譲渡会を開催しました。


まずはご支援のご報告です。

DSC03632 - 支援

石垣市内にお住いのM様より、キャットフードをいただきました。
また、U様、S様、Y様より寄付金をいただいております。
これらのご寄付は、石垣島の保護わんにゃんの医療費等に大切に使わせていただきます。
どうもありがとうございました。


では参加にゃんこのご紹介です。

DSC05155 - 2にゃん

とっても人なつこい若猫さんと、白黒子猫さん、どちらも男の子。

DSC05071 - 子猫

保護主さん持ち込みの、生後3ケ月位の男の子。

DSC05089 - 参加猫

若猫さんは誰に抱っこされても大丈夫


DSC05142 - わんこ

今回は参加わんこはいませんでしたが、
譲渡会卒業生わんこなどなど、たくさんの子たちが遊びに来てくれました。

DSC05172 - わんこ


DSC05099 - テツ

保健所から新しい家族のもとへ巣立ったテツくんも来てくれました。


DSC05119 - トライアル

そして小さな子猫がトライアルへ出かけることとなりました。

どうかうまくいきますように~


4月のわんにゃん譲渡会のお知らせ



4月のわんにゃん譲渡会のお知らせ


日時  4月 3日(日) 11 時 ~ 14 時
場所 石垣市役所玄関前ピロティ




譲渡会チラシ2016 - コピー



かわいいわんにゃんたちが新しい家族を待っています。

ぜひわんにゃんに会いに来てくださいね


 


「さくら猫と生きる ~小さな命の写真展~」が始まりました



昨日の4月2日より、石垣市立図書館展示室にて
「さくら猫と生きる ~小さな命の写真展~」が始まりました。

DSC04974 - 写真展

写真は、児童文学作家 今西乃子さんの著書「さくら猫と生きる」より
23点の写真をお借りしています。

DSC04986 - 写真展

会場の展示室は、図書館奥の静かな場所にあります。

DSC03603 - 写真展

図書館のご協力により、関係図書も展示していただきました。

DSC04977 - 写真展

また同時に、4年前に行われた
「石垣市 南の島の猫アイランド事業」の写真も展示しました。

DSC04975 - 写真展

南の島の猫アイランド事業のことは
こちら や こちら や こちら や こちら こちら や こちら もご覧くださいね。 

DSC03604 - 写真展


写真展は4月10日(日)まで開催しております。

たくさんの皆様のご来場をお待ちしていますね


プロフィール

石垣島しっぽの会

Author:石垣島しっぽの会


石垣島しっぽの会は、

「飼い犬・飼い猫の適正飼育を促進し、捨て犬猫を減らし、

市民の相互理解による動物愛護精神の普及を図り、人と動物の共生社会を実現すること」

を目的とする活動を2012年から始めました。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
    どうぶつ基金バナー200x40 (2)

いつでも里親募集中

    ペットのおうち

ペットの火葬施設設置の署名のお願い
検索フォーム
QRコード
QR