石垣島のノラちゃん達を ちょっとずつ紹介。

石垣島の ノラネコ達は 
大きな集団から 一人で毎日ゴミをあさって生きている子まで いろいろいます。

今日いったある漁港の子たちです。

港C

こちらは 皮膚状態悪く、痒そうです。剥げています。白黒のコはオス 前はメスです。
その後ろ数メートル向こうに、

港D

母猫と子猫2匹の姿が ありました。
写真がボヤケテごめんなさい。

こちらは その漁港の反対側に 港B


この場所では、漁師さんでも エサをくれる方がいるのか、毛並みもよいですね。

港A

黒猫が多く、あきらかに 核はFamily 集団ですね。
同じ漁港でも ちょっと 離れると 環境が違うのでしょうね.
タイミングが合わないと、同じ場所でも、ネコには出会えないので・・
いないとちょっと心配になることも。
出会えたねこを これから少しづつ紹介していきますね。
 では        midagamadenndou
    

わんにゃん譲渡会終了

6月24日「わんにゃん譲渡会」が開催されました。
20120624_pop.jpg


初めて石垣市など行政のサポートを得ての開催。
初めて、犬と猫の共同譲渡会。
しっぽの会として、初めての譲渡会&フリマ出店。

0624-1.jpg

「最後まで家族の一員だよ〜〜 愛情はたっぷり!責任はしっかりと!」

獣医さんも健康・しつけ相談のために、お二人も待機。
保健所は飼い方や避妊去勢を進めるパンフを貼り出し、石垣市の捨て犬の現実を伝える写真展示など。
関係者一同総力をあげて、正しい飼い方の普及に努めました。

人気のフリーマーケットと同時開催なので、
最初から最後まですごい人出でした。
0624-4.jpg
子猫と成猫のうち、7匹がトライアルへ。

0624-5.jpg
子犬・若犬のうち、3匹がトライアルへ。

真剣に考えてくださる方が多く、手応えのある結果でした。

そしてフリマ部門。
0624-2.jpg

今回は、どれほど売れるかわからないので、メンバー持ち寄りで少なめの品物を出したのですが
予想外の売れ行きで、一同感激しました。
売上げはすべて犬猫の保護活動資金とすることを明示しておいたので
おつりをご寄付くださる方も多く、うれしいエピソードをご紹介します。

*1500円の新品旅行カバン(今回最高値!)を彼氏がフリマ恒例値切交渉。
「だめだよ~、ここのは売上が活動資金になるんだよ!」と言ってくれた彼女。
「あ、そうなんだ!すみません~。じゃあいいです^^」と快く定価でお買い上げいただきました。
「残った小銭ですけど~」と言ってカレンダーまで買ってくれたカップル。

*うちは飼えないから、これでがまんしようねえ~と言いながら
「これが保護わんちゃんやねこちゃんのワクチン代になるんだよ~、ありがとうね」
と言ったら、にっこり笑っていった子供やおかあさん。

イベントの度に、動物を愛する、動物のことを考えてくれる人々と出会うことができます。

初めての試みで、行き届かないこと、改善すべきことは課題として多々ありますが
とりあえず無事成功しました。

次の機会には、より良く、より多くの出会いを見つけていきたいと思います。


ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
飼い主さんになってくださった皆様、ありがとうございました。
フリマ商品をお買い上げいただいた皆様、ありがとうございました。



*この日の模様は報道もされました。
yahooニュース(石垣経済新聞さん)



                             by犬坂keno

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

『ラストポートレート ~ちいさな命のかがやき~』写真展のご報告

 
去る5月16日~20日の間、『石垣島しっぽの会』主催・石垣市後援により

IMGP0123.jpg

石垣市立図書館にて、写真展「ラストポートレート ~ちいさな命のかがやき~」を開催いたしました。

フォトジャーナリストの児玉小枝さんより写真をお借りし
「どうぶつたちへのレクイエム」「明るい老犬介護」「ラストチャンス!里親という選択」の三部からなる写真展。
ご覧いただいた写真は、動物収容施設で命を絶たれようとしている誇り高き最期の肖像、
家族の愛と献身的な介護に見守られながら天寿を全うしつつある最後の写真、
そして里親に引き取られることによって”殺処分”をまぬがれた幸運な子の姿です。 

不幸な命を少しでも減らすために、一人でも多くの方に日本のどうぶつたちの現実を
知っていただくきっかけとなれば… との願いを込めて、開催させていただきました。

IMGP0153.jpg

図書館のご厚意により、たくさんの関連図書も準備され

DSCF6758.jpg

開催初日には、石垣中山市長も来場されるというサプライズ!

DSCF6772.jpg

島のわんにゃんの写真も出展しましたよ!

IMGP0167.jpg

重いテーマにもかかわらず、たくさんの方々にご来場いただきました。

IMGP0363.jpg


IMGP0187.jpg

マスコミの取材もありまして

IMGP0194.jpg

翌朝のローカル紙1面に記事が掲載されました。

IMGP0169.jpg

来場された方々からいただいたアンケートの一部をご紹介させて頂きます。


・ ペットショップで高いわんちゃん達を買うのではなく、捨てられた子たちの里親さんに
  なってほしいです。
・ 何も悪いことはされていないのに殺されるなんてかわいそう。(小3 女子)
・ This is a very good idea. We need to learn more about kindness to animals.
  Thank you.
・ ガス室にいた犬のほとんどが首輪をしていました。皆、もう亡くなってしまったのですね。
  安楽死ではなく窒息死だと言うこと、初めて知りました。沖縄がワースト県だということも…
  このような犬や猫たちが減っていく事を、人間の意識・マナー・モラルが向上することを
  願います。
・ 捨てられた犬たちの悲しい目、切なすぎます。
  どうして家族の一員という意識が持てないのでしょう?
  飼い主さんたちの責任感を育てていかなければ… こういう運動は頑張って欲しい。
  けれど、こんな運動をしなくていい世の中になってほしい。

たくさんの方々より、心のこもったメッセージをいただくことができました。


そして5日間に渡った写真展も無事終了。
『石垣島しっぽの会』による、初めての活動となりました。

写真展開催にあたり、大切な写真を快く貸し出してくださった児玉小枝さん、
ご来場いただいたたくさんの皆さん、熱心にアンケートを書いてくださった皆さん、
開催に関わり手伝ってくださった皆さん、
ツィッターやフェイスブックなどで伝えてくださった皆さん、
展示会場の石垣市立図書館の皆さん…
後援を担っていただいた石垣市。

たくさんの方々の支援のおかげで
無事に開催することができこころから感謝しています。
本当にありがとうございました!


DSCF6735.jpg

今回の写真展の主役である、今はもうこの世にいない犬や猫たちへ
心からの哀悼と感謝の気持ちを込めて…

* ayapani *

++わん・にゃん++譲渡会のお知らせ

里親さん募集中の
わんこは コチラ を
        にゃんこは コチラ をクリックして下さい。



6 月 24 日 (日)
++ わん・にゃん譲渡会を開催します ++

詳細は ↓ こちらをクリックしてね。

20120624_pop.jpg


- 浜崎町緑地公園 -
(青空リサイクル市と同時開催)
13 : 00 ~ 16 : 00
(雨天で中止の場合、7月1日に順延)

今回は、石垣市環境課さんの主催、
八重山保健所さん、八重山獣医師会さん、環境省さんと、
行政が!行政が!がんばってくれました~(^o^)丿

犬や猫を新しい家族として迎えるとき、
「里親になる」という選択肢をみなさんは知っていますか?

たくさんの、わん・にゃん達が、
幸せになりたぁ~いと願って、里親さんを探しています。

ぜひ、そんな子達に会いに来てください(*^^*)


青い橋の向こうの楽園・・・?

サザンゲートの猫たち


サザンゲートブリッジの向こうの公園には、
現在100匹を超える数の猫たちがいます。

穏やかな表情で、
のんびりと寝そべった猫たちを見ると、
猫の楽園のようです。

でも、本当は楽園なんかではありません。
猫たちは痩せていて
怪我をしている猫や、片目のつぶれた猫、
病気の猫も多いのです。

みんな捨てられた猫です。

猫たちは、避妊も去勢もされずに飼われ、
増えてしまうと、ここに捨てられるのです。

ここには、
猫たちが自由にきれいな水を飲める場所がありません。

台風の時、避難できる場所もありません。

公衆トイレに、避難していた猫もいたでしょう。
でも、閉じられた空間ではないので、
台風の時には、雨風が吹き込んで、
中にいても、ずぶ濡れになっていたでしょう。

林の木々は、風を多少はさえぎってくれるでしょうけれど、
激しい雨からはのがれようもないでしょう。

それでも生き残ってきた猫たちが
何事も無かったように、毛づくろいなどしています。

ここが猫の楽園であると思わせるような
無邪気な顔で・・・



                  みけこ



しかし現在、石垣市では、公園の猫たちの避妊去勢にむけて、
公園の整備も検討してくれています。

一歩ずつ、本当の楽園に変わっていくことを
願っています。

狂犬病予防のおすすめ

現在、石垣市では狂犬病予防接種が各地で始まっています。
沖縄は、世帯数に対して犬を飼っている比率が大変高い県です。
そして犬は市町村への登録が義務づけられており、平成22年度で64,765頭が登録されています。
これは22年度の沖縄県の人口で見ると21人に1匹の割合です。
一方、登録と同時に狂犬病予防注射が義務づけられていますが、 全国平均73.2%に対し、
県内での注射率はわずか53.3%。全国最下位です。
先日の新聞報道によると、石垣市は更に低く、
なんと、接種率は40%にまでさがります\(◎o◎)/!

沖縄を囲む、中国・韓国・東南アジアでは狂犬病が現在も数多く発生しています。
犬や猫などから人に感染し、動物も人間も感染したら致死率100%

死ぬのは犬だけじゃありません!

中国では狂犬病による人間の死亡者が年千人以上あるとか。
人間の場合、感染後すぐにワクチンを打てば発病を押さえられるのですが、
現在日本の病院ではワクチンを準備してないところが多いそうです。
石垣市内の病院には、ぜひ人間用狂犬病ワクチンを常備しておいていただきたいです。

1匹の感染動物が船に乗って石垣港から入って来たら・・・と想像すると恐ろしい!(>_<)
最近は獣医さんでも狂犬病注射は打てます。
ぜひ1匹でも多くの犬に注射を打つことで、人間の命も守りましょう。



               by 犬坂keno  

プロフィール

石垣島しっぽの会

Author:石垣島しっぽの会


石垣島しっぽの会は、

「飼い犬・飼い猫の適正飼育を促進し、捨て犬猫を減らし、

市民の相互理解による動物愛護精神の普及を図り、人と動物の共生社会を実現すること」

を目的とする活動を2012年から始めました。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
    どうぶつ基金バナー200x40 (2)

いつでも里親募集中

    ペットのおうち

ペットの火葬施設設置の署名のお願い
検索フォーム
QRコード
QR