サザンゲート猫島のTNR作業


サザンゲート猫島の猫たちは、4年前に実施した「南の島の猫アイランド事業」により、
ほとんどの猫たちに避妊去勢手術が施されましたが、
その後も新たな未手術の捨て猫が後を絶たないため、少しずつTNR活動を継続しています。


DSC03036 - ボブ

捕獲機を使って捕まえたボブくん。

むっちゃ威嚇してます


DSC02669 - ラテとゆずみ

人慣れ猫慣れしている猫さんたちは、ケージから出してのんびり。

左の黒白がゆずみちゃん、右のミルクティ色はラテくん。


DSC02595 ピピリン

茶白のピピリン、さくら猫さんになりました。


DSC00379 - ラムリリース

手術が済んで数日後、元気になったら猫島へリリースします。


みんな、元気にたくましく生きていくんだよ!



手術を済ませ猫島で暮らす猫たちが、安心して猫生をまっとうできるよう
どうぞ温かく見守ってくださいね。



by ayapani

猫島のTNR活動


猫島のTNR作業は続きます。

DSC0488 0602中の道オス

草むらにキジシロの未手術オス猫発見!

この子はケージを使って、わりと簡単に捕獲できましたよ。
( 捕獲名人のKさんが、ね )


DSC04340 0511駐車場オス

駐車場には白にぶち柄のオス猫も。

DSC04907 - 捕獲

この子は人なれしていなかったので、捕獲器を使うことにしました。


猫缶のフードでおびき寄せ…

DSC04904 - 捕獲

ここまで入ってもまだ閉まらない



あともうちょっと…



DSC04910 - 捕獲

入った

しまった …っと、固まるぶちくん。



捕獲器からケージへ移す時に、フロントラインを滴下しました。

DSC04950 - ぶちくん

ご飯もお水も口にせず、ケージの隅で籠城するぶちくん。
目が怒ってる


DSC04951 - おしゃべりくん

キジシロくんの方はとっても友好的で、みゃおみゃおとおしゃべりが大好き

ご飯もペロッと平らげました。




そして去勢手術も無事済みまして

DSC05112 - リリース

さくら猫となった2にゃんを、猫島へリリースしました。

DSC05123 - ぶちくん

元気にたくましく生きていってね


猫島のTNR活動

サザンゲート猫島では、またしても新たな未手術猫(=捨て猫)が増えつつありまして

先日、しっぽの会の捕獲名人 Kさんと共に、捕獲作業へ出かけてきました。

DSC04843 - 目当ての子

黒白猫が目当ての子。

DSC04838 - サザゲ

手術済の猫たちを、離れた場所へごはんでおびき寄せて

DSC04842 - サザゲ

なおもそばを離れない子は、おいしいちゅ~るで引き付けて

DSC04840 - 捕獲

捕獲器を使って、2にゃんを捕まえました。

DSC04855 - 籠城

保護先へ連れて来たら、トイレをひっくり返してケージの隅に籠城











そして、無事手術が終わりまして

DSC04865 - リリース

2にゃんはさくら猫となりました

DSC04863 - リリース

2にゃんとも猫島へリリース。


これからも元気で、猫生を全うしてね。


by ayapani

釣り針の刺さった子猫



サザンゲート猫島にて、新たに捨てられたばかりの子猫を発見

DSC01998 - 子猫

ん? 口元に何かぶら下がってる?

DSC02000 - 子猫

近づいて見たら、釣り針のようです。

この後少し苦戦しましたが、なんとか素手で捕獲に成功!

DSC02011 - 子猫

ケージに入れたら大暴れして、しばらくは威嚇してました

DSC02044 - 子猫

あらためてよく見てみたら、ものすごく大きな釣り針にびっくり

こんな小さな子猫なのに、痛々しい…

DSC02051 - 子猫

動物病院にて、麻酔を掛け釣り針を取り除いてもらい、

DSC02055 - 子猫の薬

ノミダニ駆除のフロントラインと、傷口が化膿しないように抗生剤をいただきました。

DSC02062 - 釣り針

こんな大きな針で、いったい何を釣ろうとしてたんでしょーか? 謎。


以前にも何度か釣り針が刺さっていたり、飲み込んでしまった猫たちを見かけたり保護し
治療しています。    その時のこと


釣り人のマナーが向上することを、強く望みます。


by ayapani

猫島リポート その2 & ご支援御礼

DSC02484_2.jpg


2012年度から、「猫アイランド事業」として始まった猫の一斉手術ですが、
手術を受けた猫が、一代限りの命を全うして、
ゴールは、サザンゲートの公園の猫をゼロにする。
というものです。

 (猫のいないサザンゲートの公園なんて、さびしいですね。)

猫の数が減らず、「猫アイランド事業」の効果が見られないので、
現在いる猫のリストを作り、来年度からは
リストに載っていない猫(新たに捨てられた猫)は
保健所に引き取らせる。というのが、最終的な石垣市の考え。

防犯カメラ設置や啓蒙活動、不妊手術への助成金など、
猫を捨てさせない対策を、先にして欲しいものです。

昨年の4月からはじめるべき、
今年度の事業(サザンゲートの公園の猫の不妊手術)も、
開始されないまま、この時期になって、
予算は取れなかったという報告がありました。

観光客の方たちからは、猫島以外の場所の
「どこどこでも、たくさん猫がいるのを見た」と度々耳にします。

飼い猫や、街猫の避妊・去勢が進まない限り、猫島への遺棄も
減るはずがありません。

石垣市の議会でも
殺処分してしまうのが一番早い、と考える人が多いのでしょうか?
とても悲しいことです。

市のある職員さんは、ここは猫の嫌いな人のほうが多いのだと
言っていましたが、猫を嫌う人からの苦情が多くて、
そういう印象になるのかもしれません。


みなさんも、ほんのひとことでも良いので、
石垣市のホームページに、ご意見を出してください。

「猫のいる平和な公園をいつまでも大事にしてほしい・・・」

「公園の猫に癒された。」

そんなご意見がたくさんあれば、
「猫島の猫たち」の存在も、少しは見直されるかもしれません。


猫たちのいる、あの公園が
どれほど素敵な所かを石垣市に知らせてください。

さらに、問題解決につながるアイデアなど、たくさんの意見も集まれば、
必ず良い方向に進んでいくと思います。



石垣市公式ホームページ ご意見はこちらへ
http://www.city.ishigaki.okinawa.jp/home/mailform.htm


ただ井戸端会議だけしていても、現状は変わりません。
他にも同じ思いで書いてくださる方がいたら、声をかけてください。

みんなで考えて、良い方向に変えていきましょう。


小さな命も大切にする、平和な世の中になりますように。

                                       mikeko




rtuta.jpg


ご支援の御礼です
御礼が遅くなり、申し訳ございません。

正月に猫島に行きました。 餌を忘れていったのが心残りでした。
猫さんにお願いします。

と、メッセージをいただいています。
20150206.jpg

稲沢市の M. 真紀さま ありがとうございます。



また、アメシストさんから大きな袋のフードと

山梨県の S. 愛子さまから メディファスのフードを

送っていただきました。

DSC06794.jpg

  遠く他県からのご支援、心より感謝致します。 m( _ _ )m

猫島リポート その1 & ご支援の御礼

DSCF8067サザゲ


ブログを見てくださっている皆さんも、

きっと、同じ思いのことと思いますが、

サザンゲートの公園は、

困ったことが、たくさんありますね。


公衆トイレの中にキャットフードを撒き散らしていく人がいたり、

お弁当の残りや、そばなどを置いていく人がいたり、

あちこちにそばやごはんが散らかって、ハエがたかっていたり

ちょっと悲しくなります。


猫たちのことを思ってのことだとは思いますが、

大量の置きエサが残っていて、散歩中のワンコが食べてしまったり

カラスが群がってきたりして、

島内・県外から、せっかく猫たちに会いにきてくれた観光客の方も

さぞがっかりすることでしょう。



釣った魚を猫のためにと置いてゆかれるのをたびたび目にします。

猫は魚が大好きと思われる方も多いことでしょう

けれど、骨は喉に突き刺さりやすく、口内炎の原因ともなって

猫の寿命を縮めることにもなりかねませんし、

平均気温が高い島ですから、

腐った魚にハエがたくさんとまっているのも不衛生ですね。



キャットフードの袋や猫缶の空き缶がころがっているのも、

猫の好きでない人が見ると、

もっと猫が嫌いになるでしょう。



しっぽの会では、

「マナーを守って、きれいな公園にしましょう」と、

ポスターを作って呼びかけています、

みんなが、気持ちよく過ごせる公園になるといいですね。

                                  mikeko





rtuta.jpg


そんな環境で暮らしている、猫島の猫ちゃんへ、ご支援物資をいただきました。
DSC06722.jpg

彦根市のS. 有紀子さま ありがとうございました m(_ _)m

メッセージには、

虹の橋を渡った我が家のにゃんこも腎臓を患っていました。
島ねこちゃん、がんばれ!! 


と書かれてありました。


早速、現在ボラさん宅で療養中のボニーボンに
使わせていただきますね♪
DSC06421.jpg
2014.12.17 元気がないボニーボン ♂

人にも動物にも優しく、美しい島でありますように。
 
                                   M.H

サザンゲート公園クリーン掃除行いました。5/4

5月4日サザンゲート公園にて 
ボランテイアで清掃を行いました。

当日は曇りのちょうどよいお天気。
ボランテイアさんはメンバー3人と 
高校生2人、男性ボラさん2人の計7名です。
ボラのみなさま、ありがとうございます!
またお願いします!

小道沿いのゴミ、U字溝の中、シェルターの中をそうじしました。

木々の中も
林の中掃除IMG_1795サイズ小


ついてまわる猫もいて、

捨てられている除草剤が、・・
捨てられている除草剤IMG_1804サイズ小

木々の中は捨てられたゴミいっぱい

捨てられた吸い殻が気になります
IMG_1781たばこいっぱいサイズ小小


最後は分別作業を行い、
分別IMG_1809サイズ小モザイク
1時間ほどの作業で、燃えるごみ6袋 燃えないゴミ5袋になりました。ゴミ集計IMG_1854サイズ小


そのあと、小道周辺 猫の砂場3ケ所の掘り起こしも行いました。
砂が硬くなると猫は他の場所でトイレするようになりますので、
ふわふわにしてあげたいのですが

トイレ砂ほり028-1


なかなか思うようにはできませんね


次回はブログでも呼びかけて行いたいと思うので、
やってみたいと思う皆さま、次回をお待ちくださいませ。

横ではのどかな風景もありました。
IMG_1827隣ではのんびりサイズ小
 ご苦労さまだにゃん。
midagamade

テーマ : 野良猫と地域猫
ジャンル : ペット

サザンゲート猫島に看板を設置しました

 
1ヶ月ほど前よりサザンゲート猫島のあちこちに、猫の看板が設置されました。

DSCF4448 - 看板

石垣市港湾課様のご協力により看板の土台を島内各所に設置していただき、
石垣島しっぽの会メンバーが提案、デザインし貼り出しました。

P2150081 - 看板

「サザンゲートの猫を愛する皆様へ」
エサやりマナーやゴミの持ち帰りを訴えています。

DSCF4440 - 看板

「釣り針を捨てないで」
主に護岸沿い各所に設置し、釣り人へマナーを訴えています。

P2150113 - 看板

この1~2年の間だけでも、釣り針が刺さった猫を何匹も見かけ
捕獲できた子は治療をしています。

P2150116 - 看板

捕獲できなかったり、見つけることもできずにそのまま命を落としてしまった子も
いるのではないかと思うと、胸が痛くなります。

DSCF4457 - 看板

もう二度とこんなことが起こらないことを願うばかりです。

DSCF4441 - 看板

「猫の耳先がV字にカットされているのは、避妊・去勢済みの印です」
こちらはご存知のように、TNR活動ですでに猫の避妊去勢手術が済んだことをお知らせするための看板です。

P2120106 - 看板

にゃんこが雨宿りするU字溝にも貼られました。

DSCF4454 - 看板

↑ こちらは一昨年、一斉手術を実施した際貼っていただいたどうぶつ基金様のポスター。
風雨に耐えてまだがんばっています。

P2150096 - 看板

動物虐待防止の看板もがんばってます。

P2160125 - 看板

猫島の猫さんたちが、みんな安心して平和に暮らせますよう
皆様のご理解ご協力をよろしくお願いします


by ayapani

サザンゲートに釣り針猫が…

お天気に恵まれた先週末のこと
サザンゲート猫島の猫たちへご飯をあげに出かけました。

DSC02228 - シンクロ

仲良し2にゃん

猫島内にはいくつかのテリトリーがありますので、猫たちの様子を見ながら数箇所を回ります。


そんな中…

DSCF3236 - ルシー

口元から糸が垂れ下がっている猫がいました。 
去る10月に去勢手術をしたばかりのルシーです。

IMGP0843.jpg

この島は釣り人が多く訪れますが、中にはマナーが悪い人もいるようで
「つり針 捨てないで!」とあちこちに看板を設置しているにもかかわらず…

DSC06700 釣り針

以前にも同じように釣り針が手足に刺さっていたり、
飲み込んでしまった釣り針が腸に刺さり、開腹手術を受けた猫もいました。  その時のこと

DSCF3231 - ルシー

こちらのルシーも10月の去勢手術の際、お尻から釣り糸が出ていたため、
開腹手術を行い、幸い手術が成功した猫で、今回でわかっているだけでも2度目のこと
もし発見が遅れていたら、腹膜炎を起こし敗血症で命を落としていただろう、との診断でした。

DSCF3248 - ルシー

その日はあいにく捕獲器を持っていなかったので、
ケージの中にフードを入れて、ドアに紐を結びつけて捕獲を試みましたがあえなく失敗…

DSC04757 - ルシー

翌日改めて捕獲器を準備、しっぽの会メンバーで協力し捕獲成功!
ルシー、怖い思いをさせてごめんなさいね

変換 ~ ルシー 釣り針IMG_0546

動物病院で口元に刺さった釣り針を取り除いていただきました。
これがその針です。

変換 ~ ルシー 術後 IMG_0562

処置の際全身麻酔をかけたので、一晩静養いたしまして…

ルシー リリース DVC00110

翌日猫島へリリースすることになりました。


糸のついた釣り針の放置によって、このような被害が後を絶ちません。

釣り人のマナー意識についての改善を、強く望みます。


by ayapani

一時預かりし、リリースした猫が亡くなりました。

寒い日が続いています
寅丸ねこさんのところに、Kさんから連絡がありまして。
おとつい元気だったひめちゃんが、亡くなってみつかったということでした。

ひめちゃんは 今年の7月に公園で保護された、(その時1ケ月ごろ)
オスの兄弟と一緒に捨てられ、寅丸ねこさんとこで、一時預かりされ、
なかなか飼い主に巡り合わず、最近、不妊手術され、やむおえず 公園にリリースされた子です。
 預かりされていた時も、よく回りをみて 首をかしげて考えていました。
 学習時期の子でした。

IMG_1122ひめ圧縮



小柄だった姫には 体力的に きつかったのかな。
小さい子猫は 体力なく、あというまに亡くなります。
半年はとっくにいっていたけど、小柄だった姫にはきつかったのかしら・・

Kさんの知り合いの子供がみつけて Kさんに知らせてきたということでした。
林の道の道沿いで 
あしを伸ばしたまま亡くなっていたとのこと。

おとついはあんなに元気だったのに。

寅丸ねこさんとKさんと、一緒に元気な姿をみせていたのに 。 ・・

すいません。姫ちゃん。
つらかったね。ごめんね。

 midagamadenndou

テーマ : 野良猫と地域猫
ジャンル : ペット

プロフィール

石垣島しっぽの会

Author:石垣島しっぽの会


石垣島しっぽの会は、

「飼い犬・飼い猫の適正飼育を促進し、捨て犬猫を減らし、

市民の相互理解による動物愛護精神の普及を図り、人と動物の共生社会を実現すること」

を目的とする活動を2012年から始めました。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
    どうぶつ基金バナー200x40 (2)

いつでも里親募集中

    ペットのおうち

ペットの火葬施設設置の署名のお願い
検索フォーム
QRコード
QR