狂犬病予防のすすめ

犬を飼う人が守るべき狂犬病予防法という法律があります。
まず市役所や町役場に届けを出して、犬を登録をすること。
そして狂犬病予防接種を毎年打つことです。
6月は石垣市による狂犬病予防接種集合注射が各公民館などで行われます。
都合が合わなければ、年中いつでも獣医さんで打つことができます。
どうしてこの予防接種が法律で義務となっているのでしょうか?
狂犬病は犬だけでなく人間を含む全てのほ乳類に感染し、治療法がなく、死亡率はほぼ百%と言われる恐ろしい病気だからです。
日本では、1950年に狂犬病予防法を制定し、予防接種を義務付け、放し飼いの犬を片っ端から捕獲して殺処分したため、それからわずか7年で狂犬病清浄国となりました。
やがて人々は狂犬病の恐ろしさを忘れ、法的義務である登録や予防接種を怠る飼主が増えています。
しかし、世界では今も150以上の国や地域で発生しており、いまだに毎年数万人が狂犬病で死亡しています。
そのほとんどはアフリカとアジアで、中国では北京や上海など都市部でも狂犬病は発生しており、中国全体で、毎年二千人前後が狂犬病で死亡しています。
狂犬病が人間に感染する原因の99%は犬で、唾液による感染が主で、犬も人も感染犬に噛まれてウィルスがうつります。
  
狂犬病ウィルスは潜伏期間が数ヶ月になることもあり、感染しても発症前に移動が可能です。
ご存じのように、中国・台湾からの大型船が頻繁に往来する石垣島では、いつウィルス侵入が起こっても不思議ではありません。
例えば中国で狂犬病に感染したネズミ・猫などが船にもぐりこみ、それが石垣島の港で外に出てくる。
それが街中の猫や放し飼いの犬と出会い、引っかかれたり噛まれたりして感染。病気が発症すると、いわゆる狂犬状態にな
り、だれかれかまわず襲います。
飼主がまず噛まれる。港付近に多い放し飼いの犬なら、よその犬も通行人も噛まれる。
そこからは加速度的にどんどん感染が人にも犬にも広がります。
犬も死ぬし、人も噛まれた後すみやかに複数回ワクチンを打たないと、発病して死にます。
感染拡大を抑える唯一の手段が、犬の予防接種です。
地域の全頭数の70%がワクチン接種していれば、爆発的な感染は防ぐことができると言われていますが、現在の石垣市では30%も接種していないと言う獣医師さんもいます。
狂犬病犠牲者の半分は犬に噛まれやすい子供です。
どうかあなたの命と、あなたの家族の命と、愛犬の命を守るために、狂犬病予防接種をうけてください。

狂犬病についてわかりやすい厚生労働省の記事

フィラリア

石垣島の犬にはフィラリア陽性が非常に多いです。
外飼いが多いこと、1年中蚊がいることが原因と思われます。

フィラリアとは?
*フィラリアは蚊によって媒介される寄生虫です。
*フィラリアは糸状の寄生虫で成虫(メス)は最大30cmの長さにまで成長します。
*フィラリアは心臓(肺の動脈)に寄生します。
*フィラリアはほとんどの哺乳類に寄生します。
*フィラリアの寄生により死に至ることがあります。
*フィラリアの予防薬はフィラリア症をほぼ100%予防します。

フィラリアに感染している犬としていない犬では飲ませる薬が変わりますので、
初めて飲ませる場合は血液検査をして、いるかいないかを確かめてから投薬しましょう。

フィラリアの薬は1ヶ月効き目があるわけではなく、
体内で成長を繰り返している幼虫に対して効き目を発揮しています。
薬の効き目は2~3日程度なので1ヶ月に1回飲ませるのはその為です。

フィラリアは人間にも猫にも寄生します。
猫にもフィラリアを予防する薬はありますが、フィラリアにとって猫の体内は居心地が良くないようで
寄生した場合猫は突然死する可能性が高いようです。

石垣は一年中蚊がいるので、投薬も一年中必要ですので忘れないようにしましょう。

軽くまとめただけですので、分からないことは各動物病院へお尋ね下さい。

ノミ・ダニにご注意

もうじき海開き。いよいよ本格的に暖かく(暑く?)なってきます。
そうなると増えるのが虫。
犬や猫につくやっかいなノミ・ダニもぐっと増えてきます。
先月、それに関する勉強会がありました。
内容をまとめてお知らせします。

<ノミ>
*ノミは昆虫です。
*ノミの成虫の割合はたった5%です。
*気温が13度以上であればノミは成長します。
*ノミ対策は環境の浄化も大切です。

ノミが昆虫ということは卵→幼虫→サナギ→成虫と変化します。
冬季は卵から成虫になるまで約180日と長い間タイミングを見計らいながら、暖房の効いたお家の中で過ごしています。
卵は埃と見分けのつかない小さな白い形をしています。
幼虫は細長い黒い形です。
ピークシーズンですと約2週間で卵から成虫に成長します。

石垣は年中暖かいので繁殖するにはとてもよい環境です。
ノミがよく発生するお家の方はノミを見つけてから駆除しては手遅れなので石垣ですと、フィラリアと同じく一年中投薬する方がよいかと思います。
あとはこまめにお掃除を!

<マダニ>
*マダニとダニは違います。
*マダニは生まれた時からマダニの姿をしています。
*マダニは吸血と吐き戻しを繰り返します。

犬や猫に寄生すると皮膚の柔らかい所に着きます。

ただ血を吸っているわけではなく、栄養になる成分はマダニの体に残し後のいらない成分と一緒に病原体も吐き戻しています。

マダニの体をつまんで取ろうとすればスポイトの原理のように体の中の病原体などもさらに犬の体に注入してしまうことになります。
もちろん、素手でマダニを取ろうとしてはいけません。卵が飛び散る上に病原体まで飛び散ります。
口を残したまま取ることで、犬自身皮膚炎の原因になります。
犬自身バベシア症という貧血、発熱、黄疸などを起こす場合もあり、急性の場合死に至ることもあります。

現在危険視されているのが、マダニが媒介する「SFTS」重症熱性血小板減少症候群です。
よくニュースでも出ていましたが、死亡者も増えている状況です。

マダニに噛まれたり、たくさんのマダニの寄生により病原体をもつ犬や猫に噛まれる、引っ掻かれる、またうんちや血液を触ってしまったことでも移って亡くなっている方もいます。

外飼いの犬や猫に、特に寄生が多く見られるので十分に気をつけて下さい。
これからの季節は、草の背が高いところを歩くと、犬でも人でもマダニがついてきてしまうこともあります。
お散歩から帰ったら、犬の体のあちこち、人は下半身をよくチェックしてください。



ペットの埋葬

犬や猫、ハムスター、小鳥などペットを飼育していて
避けられないのが悲しいお別れ、死です。
その最期を看取るのは飼い主の大事な務めです。
年を取ったから、見るのが悲しいから、病気になったからと弱った動物を捨てる人がいますが言語道断。
年を取ったからこそ、病気だからこそ、飼い主が見守る中、逝かせてやるべきです。

そして悲しいお別れの後、更に現実問題として直面するのが、その亡骸をどうするか?です。
死んでしまうと、そこから法律上は「廃棄物」となります。
そして、生きている時同様、むやみに捨ててよいものではありません。
しっぽの会にも「どうすればいいですか?」と問い合わせが来ます。
以前、新しい火葬場ができる時に、ぜひペット用も!と署名を集めて提出しましたが
残念ながら、その希望は叶いませんでした。

1. 公共の場に埋めてはいけません!
よくお散歩に行った公園・砂浜だからと、そこに埋める人がいますが、
法律違反であり、大変な迷惑行為になります。
まず他の犬がニオイに反応して、すぐ掘り返します。
砂浜は満潮時になれば波が来て、翌日には死体がむきだしになると思ってください。
衛生的に問題がありますね。臭いもするでしょう。ウジがわくでしょう。
自分の所有地以外に埋めてはいけません。
自分の所有地だとしても、やはり衛生上の問題から、
動物の大きさによっては1m以上の深さの穴を用意しないといけないでしょう。
カラスにつつかれる死体を見たくないですよね。
安易に埋めず、よくよく考えて、準備をしてください。
 
2. 石垣市ではクリーンセンターで動物の死骸を受け入れてくれます。
ただし、「燃えるゴミ」の袋に入れないといけません。
ここが飼い主の心情的に耐えられないところです。
有料なら有料で、もっと払うからせめてダンボールで受け取ってほしいところですが
現状では、燃えるゴミの袋に入れてです。
 
3. ペット葬祭
ちょうど署名提出をしたころ、民間業者さんによるペット葬祭場ができました。
ファミリー葬祭
ただ、電話が通じないという話をよく聞きます。実際の営業状態はわかりません。

そして、つい最近、新しい民間業者さんによるペット火葬場が開業しました。
0207 - 1
新聞で広告をご覧になったでしょうか。
しっぽの会では、さっそく見学会に行って来ました。
詳しくは、リンク先のHPをご覧ください。
石垣島ペット霊園

もちろん費用はそれなりにかかりますが
内地並みのちゃんとしたペット用施設です。
大変細やかに対応してもらえます。
0207 - 1 (2)

火葬してお骨を手元に、お墓に、という方にはありがたい施設ができたと思います。
お問い合わせは直接業者さん(0980-87-5940)にしてください。

いつかは必ず訪れるその日のために、災害対策同様、
どうするか考えておくのも大事なことですね。








ボランティアについて

ボランティア募集チラシ

ありがたいことに、ボランティアに関するお問い合わせをいただきます。
しっぽの会の活動では、さまざまな仕事があります。
短時間でできることもあります。
都合の合うときだけでいいです。
お仕事・家庭・行事などのあいまにできる範囲で。

10/2にお問い合わせをいただいたdocomoアドレスの方
こちらからの返信が宛名不明で戻ってきました。
正しいアドレス、あるいはishigakishippo@gmail.comからのメールを受け取れるようにして、
またご連絡ください。

どなた様も、しっぽの会にお問い合わせをいただく場合は、
パソコンからのishigakishippo@gmail.comを受け取れるように設定してくださいますようお願いします。
docomoは原則的にパソコンからのメールを自動拒否するようです。

ご応募ください!! 犬と猫の避妊去勢手術に助成があります


犬と猫の避妊去勢手術に助成があります。
犬と猫の飼い主さま、地域猫のお世話をしている方、ぜひ応募してください。
メスは1万円、オスは5千円の手術費用を負担してくれます。
お知り合いで避妊去勢していない犬や猫を飼っている方がいたら、教えてあげてください。

いますぐクリック↓
日本動物福祉協会 捨て犬捨て猫防止キャンペーン

同協会は数年来、沖縄県の犬と猫の避妊去勢に助成してくれています。
沖縄県や石垣市で捨て犬捨て猫の殺処分が多いための防止キャンペーンですが、市民としてとても恥ずかしいことに思います。

捨て犬捨て猫をなくすことで、保健所での殺処分はなくなります。
殺処分は行政のせいでなく、飼い主のせいです。
捨てて見殺す命を生ませるくらいなら、避妊去勢をして不幸な命を増やさないでください。

石垣島しっぽの会は、捨て犬猫をなくすために避妊去勢をお勧めしています。


by bean

8日譲渡会&映画「ペット」上映

8日は、石垣市役所で、
今年最初の譲渡会 11時〜14時開催


子猫・子犬・成犬、かわいい子が出ます。
真剣に動物との暮らしを考えている皆さん、ぜひおいでください。

そして、もう一つのニュース
石垣島には映画館がありませんが、年に一度市民会館がシネコンになります!
しかも、無料!

毎年、犬や猫の問題を扱う映画をセレクトしてくれる石垣市民会館スタッフの皆様
ありがとうございます。
今年はとっても楽しい、昨年全米第3位のヒット作
アニメ「ペット」(原題は「ペットの秘密の生活」)

お子様といっしょにお楽しみいただける作品です。


主役は元捨て犬雑種犬「マックス」
そこへ保健所出身の大型犬が加わって巻き起こる大冒険。
640-1.jpg


7日 10時〜11時半
8日 13時10分〜14時40分

市民会館大ホールにて
15590504_1436735623033374_8367025181806980498_n.jpg


8日は、譲渡会から映画「ペット」に流れるのもいいですね。

ぜひご家族で、お友達同士でお出かけください。

12月〜1月搬送ボラさん募集


★搬送ボランティアさん・大募集中★


12月16日~1月前半
上記期間、石垣空港より
・ANA関空直行便
・ANA・JAL那覇経由で神戸・伊丹行き 
(※経由時間1時間程度)

関西地方へ行かれる方いらっしゃいませんでしょうか・・・?

*peachはペット輸送をしないので不可です。

******************

【搬送ボランティアとは】

出発空港(石垣空港)で手荷物で犬を預け、
到着空港で待つ里親さんへ
引き渡して頂くボランティアです。

犬の運賃はこちらで負担します、
空港での手続きもボランティアが立ち会います。
(出発1時間前の待ち合わせをお願いしています)
到着空港では到着口で待つ里親さんに、
ケージに入った犬をそのまま渡して、任務完了です。

「やってみてもいいですよ!」という方がいらしたら

1.出発日 2.搭乗便と出発時刻
3.お名前 
をご記載の上、コメントまたはメールishigakishippo@gmail.comにてご連絡下さい。

★日程があう方がいらしたら、是非、ご協力お願い致します★
15400356_2180547295503836_2746198682637288760_n.jpg

活動報告会


平成28年6月19日(日曜日)
午後1時半から3時
場 所 石垣市立図書館2階、洋会議室


犬猫-1

石垣島しっぽの会は、2012年に「市民の相互理解によって動物愛護精神の普及を図り、人と動物の共生社会を実現する」ために有志が集まり発足しました。
以来、サザンゲート公園猫一斉手術という大きなプロジェクトに関わり、数度の写真展、
そして市役所での月例譲渡会などの活動を続けてきました。
その間、大勢の市民の皆様からご支援をいただき、
ボランティアとして活動に参加してくださる方も増えています。
ブログやフェイスブックなどで、活動内容の広報を随時していますが、
今回あらためて、これまでの活動および現状をご報告し、
良いこと悪いこと問題点などについて参加者の皆様と意見交換できたらと思います。

また、ボランティアとして、ごいっしょに活動しませんか?
「アパートでペットは飼えないけど、犬や猫は大好き!」
「島にいる間だけ期間限定で動物が飼えたらいいのに」
そんな方々にぴったりの活動があります。当日ご紹介します。
夏休みは捨て犬や捨て猫が増える季節でもあります。
その前に、動物愛護に興味のある方も、いや文句あるぞ!という方も、ぜひお気軽にご参加ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

          
問い合わせ ishigakishippo@gmail.com

犬と猫の避妊去勢の助成金 制度の紹介です

沖縄県で犬と猫を飼っている方にお知らせです。

飼い犬と飼い猫の避妊去勢手術に助成してくれる制度があります。
石垣島から不幸な犬や猫をなくすために、
こうした制度が適正飼育のきっかけになってくれると嬉しいですね。

友人知人やご近所で、まだ避妊去勢をさせていない飼い主さんがいたら、
ぜひ教えてあげてください。

2つの制度がありますので、詳しい内容はそれぞれのホームページからご覧ください。
(両方に応募することができます。)

↓クリックするとページが開きます。

公益社団法人 沖縄県獣医師会

公益社団法人 日本動物福祉協会


<避妊去勢のよいところ>

・飼いきれない犬や猫が増えなくなります。

・人間にもある男性、女性に特有の病気にかかりにくくなります。

・繁殖期の鳴き声が抑えられ、落ち着いていられるようになります。

・交尾による病気の感染がなくなります。

・ケンカが少なくなり、病気の感染が少なくなります。

・縄張りをつくるためのマーキングが少なくなります。

などなど、
犬さんも猫さんも、飼い主さんやご近所さんにも、
穏やかで幸せな暮らしをするために大切なことなのです。


この機会にぜひ、避妊去勢手術をおすすめします。


プロフィール

石垣島しっぽの会

Author:石垣島しっぽの会


石垣島しっぽの会は、

「飼い犬・飼い猫の適正飼育を促進し、捨て犬猫を減らし、

市民の相互理解による動物愛護精神の普及を図り、人と動物の共生社会を実現すること」

を目的とする活動を2012年から始めました。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
    どうぶつ基金バナー200x40 (2)

いつでも里親募集中

    ペットのおうち

ご支援のお願い

活動は完全にボランティアで行い、運営資金は皆様からの寄付、譲渡時の医療費負担分やフリーマーケットなどの収益で賄っており、不足分は個人の負担で運営しています。 検査・治療・ワクチン・不妊去勢手術・マイクロチップ挿入や、保護犬猫飼育および譲渡に係る費用は多く、今後も活動を継続する上で、資金や物資が不足することもあります。 私たちの活動をご理解頂き、犬猫達が新しい家族のもとへ行くまでの支援を広く募集しています。ご協力をお願いいたします。詳しくは「支援のお願い」をご覧ください。

ご支援はこちらをクリックしてください。

検索フォーム
QRコード
QR